先生と生徒セレクション

読んで楽しむアダルトエログ

二人の女子中学生と
投稿者:
中学教師
 私は27歳の中学教師です。
都内の某私立中学につとめています。
昨年度までは予備校の講師だったのですが、今年からこの学校に
臨時講師としてつとめることになりました。
 中二のクラスを教えているのですが、二人の女子が四月当初から僕にとても
興味を持ち始めました。
二人ともロリ系でとてもかわい娘です。
そしてGWの時に、
「先生のうちに遊びにいっていい」
というのでOKしました。
二人で来るんだったら、いいと思ったのです。
一人暮らしのマンションにその娘たちは遊びに来ました。
アイシャドーを軽くつけ一見高校生に見えます。
最初はCDとか聞いてたのですが、一人の方が、
「先生彼女いる?」と聞きました。
僕は正直に
「昨年別れて今はいない」と答えました。
そしたら、
「私たちも今は彼氏がいないの。
でも、彼氏ができた時のために経験しておきたいことがあるんだ」
と言ったのです。
僕はドキッとしました。
そしたら、もう一人の子が
「私たちの処女を奪って」と言ったのです。
「それはやばいよ」と僕は答えましたが、
「じゃ、私たちシャワーを浴びてくるから」
といって、僕の制止を振り切ってお風呂場にいってしまったのです。
その時、僕の心の中には「処女とやれるなんてなんとすばらしい」
という思いが正直あったので制止しきれなかったのです。
僕は風呂場で二人の時にはしゃぐ声を聞きながら、もうビンビンでした。
待つこと10分。
オナニーで気分を紛らわし、自分でいく寸前までいきました。
なんと二人は素っ裸で出てきたのです。
二人ともヘアはほとんどありません。
ワレメちゃんが正面からくっきり見えました。
まだ13歳の処女です。
「先生、抱いて!」といって二人で抱き付いてきたのです。
僕はあわてて服を、ズボンもパンツも脱いで二人の子を左右に抱きました。
「先生。すごいね。これが中に入るの?」と一人の子がいいます。
「そうだよ」と答えて、
「どちらからいったらいいかな」と言うと、
「私から」と言うので、ベットに寝かしてもういきなり押し倒しました。
もう一人の子はじっと見つめています。
「ちょっとまってゴムをつけるから」というと、
「ダメ。そのまま入れて。今日は安全日だから」
というので僕は遠慮なく彼女の中にチンポを入れたのです。
僕にとっても処女は初めてです。
「痛い!」と彼女が叫び、入れた瞬間、チンポが引き締められました。
いつもだったら5分は持つのに、数回出し入れしたらなんと15秒ほどで
中出ししてしまったのです。
「もう、いっちゃたの?」
と聞かれてはずかしかったけど、
もう一人の子が
「今度は私よ」と僕に抱きつてきました。
すぐに回復して今度は彼女のマンコをよく観察してから入れました。
処女を見るのははじめてだったため、まだ破れていない処女膜の
様子がよくわかりました。
一人目の子と同じように、やっぱり強く引き締められました。
でも、最初にいっていたために今度は3分ほど持ちこたえ、
やっぱり中に出してしまいました。
ほとんんど前儀もなかったHだったので
「ごめんね」と謝ると、
「いいの。ありがとう。
今度は一人ずつ来るから、その時にはもっとゆっくりやろうね」
と彼女らは答えました。
そして、この前の日曜日に、一人の子が僕のうちに遊びにきて
2回目の体験をして帰りました。
来週、もう一人の子が来ます。
もう僕は彼女たちを愛してしまったようです。
  1. 作品リスト
  2. トップ
©ナンネット All rights reserved.