先生と生徒セレクション

読んで楽しむアダルトエログ

先生
投稿者:
R子
某私立女子高の非常勤講師です。
先週、3年生のR子がわからないことがあると質問しに来ました。
ちょっと説明したらわかったようですが
「またわからなくなったらお願いします」と笑顔で帰っていきました。
笑顔が可愛い子です。
その夜自宅に電話があり
「また質問があるので、明日先生の家に行ってもいい?」と。
もちろん断りましたが、どうしてもというのでOKしました。
何を考えているんだ?土曜の昼すぎR子は本当にやってきました。
とりあえずお茶を飲んでから、勉強を始めた。
R子の隣に座り説明する。胸元の開いた洋服でまるで挑発しているようだった。
我慢できずに押し倒してキスをし胸を揉んだ。抵抗することもなくR子は喘いでいる。
可愛い声にますます欲情し、素っ裸にして乳首を吸った。
オマンコを見たら結構遊んでいるようなオマンコだ。
「オマエなんでこんなに黒いんだ。可愛い顔して処女じゃないのか?何人の男とやったんだ」
「わかんない。チンコ大好きなの。いっぱい突いて」と言う。興奮して夢中で突いてやった。
何度もイッたR子は「オマンコに中出しは嫌よ。
アナルにして」と言い出した。アナルも開発されてるのか!?
淫乱女子高生め!と思いながらアナルを突くと、
今まで以上に大きな声で喘いで何度もイッている。
乱れきったR子のアナルにザーメンをかけた。
「先生ありがと。他の先生ともやったんだけど、
先生ともやってみたかったの」と可愛い笑
顔を見せ、さっさと着換えて帰っていった。

今の子は皆こうなのか?
  1. 作品リスト
  2. トップ
©ナンネット All rights reserved.